確定申告の流れ

6月 5, 2008 | 確定申告・修正申告イロイロ | RSS 2.0

「確定」を辞書で調べてみると『名詞。はっきりと定まること。また、定めること』とあります。
長い人生において決断や確定しなければいけない場面に数多く遭遇しますよね。
確定というと何か大きな事を決めるときによく用いる気がします。
決定とは違う重い感じがしませんか?

確定の関係一切も一年に一度の大きな決め事の一つですもんね。
今回はその流れを見ていきます。

まずは用紙を手に入れます
・ 自分は確定申告書AなのかBなのかを確認
・ 他に税務署に用意されているもので所得の内訳書、青色申告決算書、収支内訳書、医療費控除明細書など必要なものについては事前に入手します。

次に必要な書類を確認します
・ 必要な書類には給与所得、地震保険料控除証明書、生命保険料控除証明書、源泉徴収書などがあります。

そして作成に取り掛かります
・ 記載ルールによって作成します
・ 控用も忘れずに記入します

いよいよ提出です
・ 提出前に記載もれや添付書類の不足を必ず確認!
・ 期限もチェック

ざっとこんな感じの流れになります。
自己での確定が確定申告ですから、後で間違いが出てくる場合があります。
確定は字の通りすでに決定済みなことですが、確定したからといってそれが最終決定ではないのです。確定はあくまで自己確定であり完璧以外は修正が必須。
そのために修正申告が必要となるんですね。
次はその流れを紹介したいと思います。

Comments are closed.