確認の大切さについて。

6月 25, 2010 | 確定・修正アレコレ | RSS 2.0

今日本中サッカーの話題で盛り上がっていますね!!
本当に勝利してよかったです!!今の日本はダメだと思っていましたが、今日の試合を見ていると非常に安心して見ていられた気がします!

と、今流行りの話題はいいとして、確定申告の話題へ移りたいと思います。

何事にも言えることなのですが、“確定する”ということは“決める”ということなので、後から間違いを正さなくてもいいように、何度も納得がいくまで確認する必要があると思います。

何度もちゃんと確認して、これで絶対大丈夫!・・・とその時は自信があっても、後から間違いが発覚してしまうのが人間というもの。

人間には機械までのような正確さはないので、1回も全く間違いがない状態で書類などを提出してきたという人は少ないかと思います。というか間違ったことがないということ自体人間としては不可能なんだと思います。

でも、こういった大事な場できちんとできるかどうかというのは、周りからの印象もかなり違ってきます。

何度も何度も確定申告を提出して、何度か修正した経験があるような“慣れている人”こそ、確認する際にはしっかりと確認しておく必要があるのです。慣れというのはうっかりミスも多くなってくる時期ですから、常に気を張って仕事するのと同じで、こういった大事な納税に関する仕事(税務調査に関することでも)をする際にも、しっかりと気を張って取り組まなくてはいけないのです。

きちんとできるかどうかというのはその人の性格によっても違って来るのですが、やるべき時はしっかりとやらなくてはいけないのが大人ですからね。くれぐれも不正などは行わないように、知らず知らずでも不正してしまわないように、提出する際にはちゃんと確認を怠らないことが大事なんですよね。

Comments are closed.